50代のお金

世間のアラフィフ世代はどのぐらい貯金しているの?老後資金はどの位必要?

アラフィフ世代の預金額

みんなが気になるアラフィフ世代の貯金(金融資産)事情。

みんな、一体いくらぐらい貯めてるんだろう…❓

気になりますよね~。

当然私も気になりますので確認しました!

アラフィフ世代のリアル預金額

アラフィフ世代の預金額
100万円未満 5.7%
100~300万円未満 5.9%
200~300万円未満 5.1%
300~400万円未満 4.6%
400~500万円未満 4.6%
500~700万円未満 6.3%
700~1000万円未満 9.7%
1000~1500万円未満 13.7%
1500~2000万円未満 10.7%
2000万~3000万円未満 9.7%
3000万円以上 11.4%

ドーン!!!

はい!リアルなヤツです!

 

これは、【家計の金融行動に関する世論調査2019(2人以上世帯調査)】からいただいたデータの50代(アラフィフ世代)の資産額(割合)をグラフ化したものです。

家計の金融行動に関する世論調査2019(2人以上世帯調査)】は自由に参照できる公開データですよ。

ちなみに、このデータで扱われている50歳代の対象者数は525人です!

取得したデータの平均値・中央値は以下の通りです。

平均貯蓄額:1,689万円 中央値:1,000万円

 

どうですか?

思ったより多いですか?

少ないですか?

 

ちなみに念のため補足しますと、平均値とは皆さんご存知の通り、全ての貯金額(無回答除く)を回答者数で割った金額です。

当然、やたらたくさん金融資産(貯金)を持っている富裕層もいますので

数字が多めに引っ張られる傾向があります。

 

対して中央値とは、一番多くの人が持っている貯金の額を表しますので

こちらの方が通常に考える平均値に近い値になりますよっ♪

ちなみに前回調査の際の平均値は1,689万円、中央値は1,100万円でした。

若干貯蓄額が減っていますね。

Matsumi
Matsumi
??

調査対象が500人強ですから、選んだ対象によってバラツキが出ると想定されますから単純に預金額が減っているとは言いきれませんが…。

 

アラフィフ世代の老後に必要な資金は?

金融庁は、以前以下のように発表しました。

老後の蓄えとして、公的年金以外に2,000万円を必要とする

この発表には世間がざわつくことになった訳ですが、

私としては残念ながら妥当な金額だと思っています。

ちなみに、「夫婦で2000万」と言っていますから、

先の「世帯(夫婦)の貯金額」と条件は合致しますね。

中央値(平均的な世帯)は貯金1000万円ですから、あと10年位で1000万円貯金をふやす必要があるということです。

Matsumi
Matsumi
残念ながら今は平均ほどの貯金を持っていません。
Matsumi
Matsumi
でも、これから10年で1000万円貯める予定です!

 

それでもなんとか貯金を増やす方法は?

2000万円…。

そこに例え届かなくても、少しでも近づけるように努力しなければ…!!!

という訳でお金の増やし方をまとめてみました。

この年でギャンブル的な投機はできませんので、

比較的安全(リスクが少ない)で、利益率の高いものをご紹介します!

これらは私もやっている方法で、実はそこそこいい感じで増やせている方法です。

始めたばかりなので、ぐいーんっと伸ばせてはいませんが

このまま続ければいい感じに貯まると思っています。

FXでスワップ運用

実は以前にもFXをやっていて、結局目減りさせたという経験があり

正直FXはもういいかなぁ。と思っていました。

けれど、目からウロコのスワップ運用という方法があります。

これなら大きく利益も出しませんが、地道にためることできます。

  • すぐに使わない余剰金で運用する必要があります。
  • 為替の変動に踊らされてはいけません。

今はコロナの影響でかなり円高になっていますので

始めるならばお得な時期です。

ブログでアフィリエイト

私はこれもやっています。

私はこのブログ以外にもいくつかサイトを運営していて、

そちらの更新により毎月数万円の収入があります。

数万円の収入までそれなりの努力は必要ですが、

副業としていい感じの収入になっていると感じています。

月に5万だとしても年間60万円ありますから…。

 

これには根気とたゆまぬ努力が必要なので、

そういう努力が苦手…。という方には向きません。

 

アラフィフ世代のこれからの貯金まとめ

若い時なら仮に貯蓄の一部を失ってもまたがんばって貯めればいいということも言えますが、

定年まであと10年、もしくは5年の状態で

これまで貯めてきた貯蓄が目減りするのは痛いですし、取り返せる余力もありません。

 

だからと言って、

「これまで通り銀行や郵便局に超低金利の状態で置いておく」

というやり方では全くお金を増やすことはできません。

「減らない」というだけです。

 

私の場合、若いころからこういった金融商品に全く興味がなく、

一切勉強していませんでした。

 

最近になってこれからのことを考えながら色々勉強していると、衝撃の一言を目にしました。

 

何もしないということは怠慢としかいいようがない!

 

「興味がない」という理由で勉強しなかったけれど

それはただ「面倒くさい」からだったのです。

 

という訳で、私も少しは金融商品や副業などを勉強してみました。

そして、今から2年位前に思い立って

実際にあれこれやってみることにしたのです。

 

50代とは言え、まだまだ老後までの道のりは長いのです。

地道に増やす方法や副業の検討なども並行して行えば、

まだ10年単位で資産運用は可能ではないかと考えています。

 

error: Content is protected !!